スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金目川(かなめがわ)サイクリングコースを走る 

s-CA3C0873.jpg
【神奈川県平塚市 金目川サイクリングコース(鈴川コース)大畑橋付近より大山を望む GIOS FELLEO】

 Webを眺めていて見つけたのですが、平塚の「金目川(別名 花水川)」沿いとその支流である鈴川にサイクリングロードが整備されているようです。地図で見ると、連絡道も含めちょうど「P」の形をしている延長約13kmのサイクリングロードです。名前は「金目川(かなめがわ)サイクリングコース」。近くなので行ってみる事にしました。
 また、地図を見るとその道の延長で太平洋岸を大磯駅のあたりまで「太平洋岸自転車道路」なんていうものがあります。ついでにこれも走ることにします。

 大磯から海沿いの自転車道走り、金目川サイクリングコースの南端から入って右回りで走破するルートとしました。

 11:00に藤沢の自宅を出発しまずは、「太平洋岸自転車道路」に入るため、大磯に向かいます

ss-CA3C0851.jpg
【神奈川県大磯町 国道1号花水橋東端より高麗山を望む GIOS FELLEO】

 茅ヶ崎、平塚と国道1号線を西に向かい大磯に入ります。「おにぎり形」のこんもりした山「高麗山」が迎えてくれました。いやぁ、本当においしそうな形をしています。

s-CA3C0854.jpg
【神奈川県大磯町 国道134号と西湘バイパス合流付近 GIOS FELLEO】

 大磯駅入り口を左折し駅と反対の海側へ曲がります。200mも走ると、サイクリングロードにつながりそうな歩道を発見しました。↑。ちなみにちょうどお昼(12:00)のメロディが鳴るのが聞こえました。

s-CA3C0857.jpg
【神奈川県大磯町 太平洋岸自転車道(大磯町付近) GIOS FELLEO】

 砂浜沿いをサイクリングロードが走っています。晩秋なので海水浴客はいません。サーファーがちらほら。しっかし、晴天の海沿いの道はいつ走っても気持ちいいですね。でも、太平洋岸自転車道って標識が全然無いんです。見落としかも知れませんが。
 一部、砂に埋もれている箇所が数メートルありましたが、それ以外は快適です。

s-CA3C0860.jpg
【神奈川県平塚市 太平洋岸自転車道(国道134号花水川橋付近) GIOS FELLEO】

 1kmも走らないうちに花水川橋に着き終点です。後から調べたんですが、この太平洋岸自転車道は大磯港より小田原方面にも伸びているようです。今度行ってみようと思います。

s-CA3C0861.jpg
【神奈川県平塚市 金目川サイクリングコース入り口(国道134号花水川橋付近) GIOS FELLEO】

 同時にここから金目川サイクリングコースの始まりです。↑。ここからも入れますが、国道1号線北側からも入れるようになっています。
 スタート地点から国道1号の「花水橋」あたりまでは、かなり狭かったり路面が荒れているところもあり、注意を要します。橋をくぐる場所によっては、砂が浮いています注意、注意。

s-CA3C0866.jpg
【神奈川県平塚市 金目川サイクリングコース(金目川コース)高麗付近 GIOS FELLEO】

 しばらく行くと、↑のように、こんな感じできれいに整備された道となります。

 「東雲橋」のあたりで、県道を渡るのですが、一瞬サイクリングロードを見失いました。うろうろしたのですが、結局真っ直ぐ一般道を行くと、右手にサイクリングロードの続きの入り口がありました。ちょっとわかりづらい所ですね。

ss-CA3C0869.jpg
【神奈川県平塚市 金目川サイクリングコース(金目川コース)徳延付近 GIOS FELLEO】

 さらに、桜並木を過ぎ、しばらく行くと、ガードレールが無くなり、生土手を走ります。余所見をしていると川に突っ込みます。

 吾妻橋まで行くと「金目川コース」の終点。県道63号線を北上し、「鈴川コース」へ連絡します。

 「鈴川コース」の入り口は、「大畑橋」の手前(南側)を右に行く砂利道を行くのですが、ここもわかりづらいです。間違って先のほうまで行ってしまいました。「砂利道のはずないなぁ」と思いながらもそちらに戻って行くと、サイクリングロードの看板が道に隠れてありました。安心。
 砂利道自体も数十m程度でその先は、舗装路が走ってました。

s-CA3C0872.jpg
【神奈川県平塚市 金目川サイクリングコース(鈴川コース)大畑橋付近より GIOS FELLEO】

 しかし、このあたりの景色は最高です。山はきれいだし、田には稲藁が並びます。

s-CA3C0876.jpg
【神奈川県平塚市 金目川サイクリングコース(鈴川コース)新白髭端付近より GIOS FELLEO】

 鈴川の南岸を下ります。右手に田畑が広がる中、まあまあの舗装路を走っていきます。少しずつ回りに民家が増えてきます。また、高麗山が見えてきました。

 「下之宮橋」直前でサイクリングロードは終了です。先ほど走ったの金目川コースの「霞橋」まで誘導されコース完走。のはずでしたが、なぜか「東雲橋」のほうに行ってしまいました。まあ、いいっか。

 平塚市街に抜け自宅まで帰りました。14:30頃、藤沢の自宅に帰着


 今回は、平塚北部の田園地帯がすっごくきれいで感動しました。このあたりを集中して楽しめるコースをプランして見たいなあと考えています。

○今日の走行(2010/11/15)
 実走行時間:02:30
 走行距離:51.99km
 平均時速:20.7km/h
 平均ケイデンス:81rpm

○走行データ(自宅付近は省略されています)

より大きな地図で 20091115-金目川サイクリングロード を表示


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

 あ~懐かしい~~! 金目川サイクリングロード(金目川コース)。
 takkieさん、ありがとー! なんかジーンとして涙が出てきました。

 この辺りは昔、ただの土手で未舗装のガタガタ道でした。ゴツイ自転車(新聞屋さんみたいなやつ)に乗っていた親父の後ろで、はしゃいでいたのを想い出します。

 もっと大きな川だったイメージですが、子供の頃の感覚ってそんなものなのでしょうね。

 いつか機会があれば、今度は自分の自転車でゆっくり走って見たいものです。

Re: タイトルなし

pentaさん、
たぶん、pentaさんのつぼにはまると思いましたよ。
もっと、写真をとったのだけど、別途 flickr とかでアップロードして案内するようにします。
それでは。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takkie3.blog66.fc2.com/tb.php/92-72c4afbb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。