スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルコンピュータ「CAT EYE CC-TR200DW V2c」使い方パターン 

 昨今のサイクルコンピュータは、機能満載ですべての機能を使いこなそうと思っても大変です。自分の持っている 「CAT EYE CC-TR200DW V2c」もそうなのですが、普通に使っているのは機能のほんの一部分ですね。

 自分のサイクルコンピュータ使用の基本パターンはこんな感じです。

■サイクルコンピュータ「CAT EYE CC-TR200DW V2c」使い方パターン

1.走行前にデータをリセットする
  「SSE」と「M2/-」の同時押し。リセット時に現在のデータは、別途ファイルに記録されますので安心。
s-CA3C0260.jpg
【CAT EYE CC-TR200DW V2c データのリセット】

2.以下の表示にして走行
    ・現在速度
    ・現在ケイデンス(クランクの回転数)
    ・実走行距離
s-CA3C0264.jpg
【CAT EYE CC-TR200DW V2c 走行中】


3.走行後に下記データを別途記録しておく(紙とかblogに)
    ・平均速度
    ・平均ケイデンス(クランクの回転数)
    ・実走行距離
s-CA3C0275.jpg
【CAT EYE CC-TR200DW V2c 上2段「速度」「ケイデンス」表示の切り替え】
  上2段の表示の切り替えは、「M1/+ 」ボタンを押すことにより、
      「現在値」⇒「平均値(AV)」⇒「最大値(MAX)」⇒「現在値」⇒・・・・
  と変わっていきます。
  下1段の表示の切り替えも同様に、「M2/- 」ボタンを押すことにより5種類の表示を選択できます。



 「ラップ(LAP)」ボタンを使うことによって、ラップごとの区間データも採取できるんですが、面倒くさいのでやってません。(ラップをとるのは簡単だが、それを見る操作が煩雑)


CATEYE サイクルコンピューター CC-TR200DW V2c CC-TR200DWCATEYE サイクルコンピューター CC-TR200DW V2c CC-TR200DW
()
キャットアイ(CAT EYE)

商品詳細を見る




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takkie3.blog66.fc2.com/tb.php/58-a39e281c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。