スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り畳み自転車 ジープ [Jeep] グリップの交換 

DSC05666.jpg
【キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311】

家族が使っている折り畳み自転車ジープ用に交換用のグリップを購入しました。Amazonで適合しそうな一番安いモデルを購入。

○キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311 

です。


DSC05670.jpg
【折り畳み自転車 ジープ [Jeep] オリジナルグリップ】

現状、こんな感じ。かなり劣化して溶け出している様相です。まあ崩れてくるだけならまだしも、べたべた手にくっついて自転車に乗った後に毎回手を洗わないといけないのがストレスになります。


DSC05671.jpg
【折り畳み自転車 ジープ [Jeep] オリジナルグリップ】

ってわけで購入したわけです。グリップもいろいろ種類があるので適切なものを選ぶ必要があります。

まずは寸法ですが、ハンドルの内径があっていなければなりません。

まずハンドルバーの径。ジープは般的なφ22.2mmでした。そして、長さ。これが曲者。右側のみグリップシフト対応の為、長さが片方のみ短くなってます。購入した物は、短い方が約 85mm 長い方が約120mmです。結果から言うと、これがぴったり合いました。

また取り付け方法によっても二種類あって、
1.ゴムの弾性だけで固定する押し込んで取り付ける「グリグリタイプ」。安物に多し。
2.グリップ端がクランプになっていてねじで締める「ロックオンタイプ」。高級品、取り付けが容易。
ですが、今回購入したのは、「グリグリタイプ」になります。


DSC05672.jpg
【折り畳み自転車 ジープ [Jeep] オリジナルグリップ】

さて、取り付けます。劣化したグリップはそのまま捨てるのでカッターを使って切開手術にて取り外してしまいます。その後、グリップにこびりついているゴミを綺麗にとります。


DSC05674.jpg
【キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311】

取付をスムーズにするために内側を水で濡らします。あまりにもきつ過ぎる場合は、台所用洗剤をつける場合もあるようですが、この場合抜けが発生する事故もあるようなので自己責任で行ってください。


DSC05673.jpg
【キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311】

するするっと差し込んでいきますが、きつくて全然入りません。(涙)


DSC05675.jpg
【キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311】

キャンプ用に購入してあったゴム製のハンマーがあったのでこれでガンガン叩いてみました。うまく最後まで挿入できました。


DSC05676.jpg
【キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311】

交換終了です。いい感じです。ばっちいグリップとはおさらばしました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takkie3.blog66.fc2.com/tb.php/397-1cec6203

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。