シートポストバッグ 

s-CA3C0192.jpg
【シートポストバッグ リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) コントアーマグナム CO811】

 ウエストポーチ長距離走行しているとうっとうしい時があります。特にペダルの回転数を上げるときとか、立ちこぎ(今風にいうとダンシング)するとき、腰の上でばたつきます。これが結構、疲れる。

 極力荷物を体に身につけない方針で行こう!ってことで、シートポストバックを購入することにしました。


○いままでウエストポーチに入れていたチューブやツール、地図などの小物に雨具や補給食など日帰りの荷物を「めいっぱい」積めそうってことで、比較的容量の大きなものがいい。

○シートポストキャリア(荷台)をつける方法もあるけど、重量がかさむので除外。

○かっこいい GIOS FELLEO につけるのでかっこよくないとだめ。(乗っている人もかっこよくないとだめだろうってのもあるけど。)

 などなど、いろいろ考えた上、最近注目していた

「リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) コントアーマグナム(容量6L)」

に決定。 Amazon で購入。

 ほとんど、スタイルで選びました。とにかくこのバックはかっこいいと思う。主観の問題だけど。細かいところだけど、RIXEN と KAUL の間の青いマークが GIOS FELLEO 君にとても良くマッチしている。

 このバックは、「クリックフィックスシステム」というシステムで装着します。
 シートポスト部分へ小さな金具をつけておいてそこへパチンと取り付けるだけ。この金具は、2種類付属していて自転車に合わせてひとつだけ選びます。どちらかを選ぶことにより、25mm?32mmに対応しています。
 バック自体は、細いパイプのフレームがバック周囲を通っていてそれでバック自体を支えております。先端に取り付け部分があり、これをシートポストに装着しておいた金具にパチンとつける。
 なお、耐加重はおよそ2kg。

 雨のときのために、黄色いカバーがついているのがうれしいですね。

 また、バックの下面は比較的丈夫に出来ていて、マッドガードをつけなくても
そこそこ耐えられるんじゃないかなって感じです(試してないけど。)

取り付け方は次回。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takkie3.blog66.fc2.com/tb.php/37-0efd350e