イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース - iPhone5 を自転車ナビに 

v-DSC02819.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース】

 昨年秋のモデルチェンジに合わせてiPhone5に買い換えたのですが、一つ困ったことがありました。


v-DSC02836.jpg
【IBERA(イベラ) iPod&iPhoneパック IB-PB3 / iPhone4 入らず】

 今までiPhone4の時に使っていたロードバイクへのマウントケースが使えなくなったのです。iPhone5は縦に長くなりましたかね。仕方ないんですが。

 そこで、買い換えることにしました。

 今まで使っていたイベラのシステム、特にステムにマウントするタイプは使い勝手が良く気に入っていたのでイベラのラインナップから選ぶことにしました。


v-DSC02824.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース 左:ケース、右、マウンタ】

 購入したのは、

 ○イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース 

です。

 イベラのスマートフォンのマウントシステムは、ケース、マウンタで以下のようなラインナップになってます。

○ケース(Case)
   IB-PB3 : サイズiPhone4Sまで適応、装着方向縦のみ、非防水
   IB-PB6 : サイズiPhone4Sまで適応、装着方向縦横可、非防水
   IB-PB7 : サイズiPhone4Sまで適応、装着方向縦横可、防水
   IB-PB8 : サイズiPhone4Sまで適応*、装着方向縦横可、非防水
   IB-PB9 : サイズiPhone5まで適応、装着方向縦横可、非防水

    *サイズ的にはぎりぎりですが iPhone5が入る可能性もあります。縦120mmまでOK

○マウンタ(マウンティングシステム/Mounting System)
   Q1 : BarClamp ハンドルバーに装着するタイプ。ボトルケージマウント付き。
   Q2 : BarClamp ハンドルバーに装着するタイプ。ミニバー付き。
   Q4 : StemClamp sutem ステムクランプのボルトに装着するタイプ

 ケースはiPhone5が確実に入り、非防水のIB-PB9がよさそうです。ラインナップ上、防水が選びようないのですが、あったとしても選択しません。なぜなら、iPhoneをナビとして使う場合充電しながらの運用が必須なので、Lightning ケーブルを装着して使うことになります。その部分に穴が開いていないといけないからです。IB-PB9もこれまで使っているIB-PB3同様に下面にコネクタ用の穴があります。

 マウンタは以前購入したIB-PB3の時のマウンタをそのまま流用します。ですが、Amazonで販売しているものは、マウンタとセットになっている為どれか選ばないといけません。よってたとえば普段使いの古いMTBにも装着できるようにハンドルバーに装着できるもの(Q1)を選びました。


v-DSC02826.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース】

 これが前面。当然ですがフロントが透明になっていてiPhoneの画面が見えるようになっています。



v-DSC02827.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース】

 これが背面。縦横の2方向から装着できる構造になっています。



v-DSC02828.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース】

 iPhoneの装着は上部から。ベルクロ止めです。IB-PB3のはスナップでした。



v-DSC02829.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース】

 下面にはコネクタにアクセスできるように穴が開いています。



v-DSC02833.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース】

 マウンタはこれ。



v-DSC02830.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース】

 正面。ケースを取り付けるフック。



v-DSC02831.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース】

 側面。



v-DSC02832.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース】

 そして背面。ボトルケージを取り付けられるようになっています。



v-DSC02835.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース Q1, Q4比較】

 これまで使っていた Q4 マウンタと比較です。中央のレバーの形状が違いますが装着に関係する部分は互換性があるので問題ありません。



v-DSC02838.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース / iPhone5】

 iPhone5を入れてみました。普段使っているケース毎に入れてみましたが、ピッタリ装着できました。普段使いのケースを外さなくてもいいのがとても使い勝手がいいです。また、IB-PB3の時にはホームボタンが押しづらいという問題がありましたが、IB-PB9 では改善されています。



v-DSC02839.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース / iPhone5】

 これが上面から見た図。かろうじて電源スイッチが見えます。



v-DSC02840.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース / iPhone5】

 そして、下面。Lightningコネクタが見えます。


v-DSC02841.jpg
【PLATA ライトニング USBケーブル 15cm】

 補助バッテリをトップチューブバックに入れるので、短めの充電ケーブルがあると便利。と、いうことで

○PLATA ライトニング USBケーブル 15cm

も一緒に購入しました。純正品じゃないのでOSのアップデートで使えなくなる心配もありますが、とりあえず使えてます。400円弱と純正より1000円以上安い!



v-DSC02845.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース】

 手持ちのエネループモバイルブースターをつないでみました。こんな感じ。



v-DSC02846.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9 / IB-PB3】

 これまでiPhone4用に使っていたIB-PB3と並べてみました。大きいだけじゃなくて、透明な部分が広くなってますね。



v-DSC02847.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9 / IB-PB3】

 そして背面。取り付け方向が2方向になっているのと、スナップ取り付けがベルクロ取り付けになっているのがわかります。


v-DSC02850.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース / GIOS FELLEO】

 GIOS FELLEO に装着してみます。すでに取り付けてある Q4 マウントに装着したのがこれ。エネループモバイルブースターは、トップポーチの中に入っています。



v-DSC02851.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース / GIOS FELLEO】

 横向きに装着したのがこれ。この状態だと、15cmのLightningケーブルが届きませんでした。でも、この向きでは使わないからまぁいいか。



v-DSC02853.jpg
【イベラ(IBERA) IB-PB9+Q1 ハンドヘルドケース / GIOS FELLEO】

 これで、私のGIOS君とのライドもiPhoneのナビ復活です。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takkie3.blog66.fc2.com/tb.php/329-0628c6df