スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルグローブ - 新調しました! 

v-DSC02308.jpg
【オンヨネ ONYONE ソフトクッショングローブ BKA94912】

 指切りのサイクルグローブを新調しました。

 ●オンヨネ ONYONE ソフトクッショングローブ BKA94912 size:L

です。アートスポーツANNEX(上野)で購入。


v-DSC02317.jpg
【キャノンデール メンズ クラシックグローブ blue L】

 なぜ購入したかというと、もう3年半も使ったキャノンデールのクラシックグローブがこんな感じでボロボロなんです。そろそろ良いかと。


v-DSC02310.jpg
【オンヨネ ONYONE ソフトクッショングローブ BKA94912】

 手のひら側はブラック、手の甲側はホワイトとグレーとブルーのデザインです。ブルーの部分は、カラーバリエーションがあり、ほかにはオレンジ、ブラック、レッド、エンジがあります。サイズは、S(21-22cm) / M(23-24cm) / L(25-26cm) / O(27-28cm) takkieは、L と O で迷いましたが、店員さんのアドバイスもあり、ぴっちり目の L にしました。


v-DSC02311.jpg
【オンヨネ ONYONE ソフトクッショングローブ BKA94912】

 裏地はこんな感じ。フィット感は良いです。


v-DSC02312.jpg
【オンヨネ ONYONE ソフトクッショングローブ BKA94912】

 手首のにあるベルクロで止めます。


v-DSC02313.jpg
【オンヨネ ONYONE ソフトクッショングローブ BKA94912】

 手の平側はブラックで、内側には振動吸収効果の高い3種類のパッドを場所に応じて適切に配置してあります。親指の付け根は、ソフトパッド。人差し指から小指の付け根は、低反発パッド。小指側の手の平は硬質のパッドです。表面はグリップ感のある生地です。


v-DSC02314.jpg
【オンヨネ ONYONE ソフトクッショングローブ BKA94912】

 サイド(親指側)からのシルエット。


v-DSC02315.jpg
【オンヨネ ONYONE ソフトクッショングローブ BKA94912】

 手の甲側です。小指の白の部分に ONYONE のグレーの文字が入っていますが、これはリフレクタになっていて、夕方や夜の走行やトンネル内で安心ですね。指ぬきもついていてこれも便利。


v-DSC02316.jpg
【キャノンデール メンズ クラシックグローブ blue L / オンヨネ ONYONE ソフトクッショングローブ BKA94912】

 これまで使ってきたキャノンデールのクラシックグローブと比較。青がかなり明るい色ですね。もうすでに使ってみましたが、デザイン的にも機能的にも非常に満足しています。





スポンサーサイト

コメント

はじめまして!

いつもブログを楽しく拝見しておらります!私はtakkieさんのブログに度々登場してくる境川サイクリングロードが位置するM市に在住しております!
愛車は50代の私にふさわしいく?「電動アシスト車」であります(笑)
先日、takkieさんに触発されて、「サイクルコンピューター」を購入(一番、安いヤツですが・笑)走行距離が解るっていいですね!
自転車に乗るモチベーションが高まりますね!
早速、恩田川サイクリングコースを利用して新横浜にあるラーメンに行ってきました。
私の場合はサイクリングというか「ポタリング」といレベルでありますが(笑)
今後とも宜しくお願いします!
PS・お仕事で中国に行かれるとの事ですが中国での「ロングライド」のご経験はありますか?

Re: はじめまして!

猪熊虎五郎さん、takkieです

いつもご覧になっていただいているようでありがとうございます。電動アシストでもママチャリでもサイクリングは楽しいですよね。もし、機会があればロードバイクにも挑戦してみてください。初めてであればその軽い乗り心地にびっくりしますよ。まるで電動アシストのようです(笑)。
ちなみに、中国でのロングライドの経験はありません。北京によく行くのですが、あそこは空気が悪くて外で運動する気にならないんです。また、交通マナーが良くないのですぐに車に轢かれてしまいそうで危ないです。日本はいいですよ、安全に走ることができますから。

ロードバイクと私

境川サイクリングロードを走っていますと私の横をロードバイクの方が通り抜けて、あっという間に私の視界から消え去る(笑)というシーンに出くわす事が多々あり「ロードバイクというのは凄いな!」と認識しております!あの「スピード」というのは、体力とか脚力とか関係なく誰でも出さるのでしょうか?
また「上り坂」への対応はいかがなものでしょうか?
ご教示、頂ければ幸いであります!
PS・中国では「自転車に乗らない」のが正解のようですね!「君子危うきにちかよらず」とは正にこの事を言うのだと思いました(笑)
昨日、再び「新横浜のラーメン博物館」に行って参りました。(前回のコメントでは「博物館」が脱字してました。恐縮です)自宅から往復40数キロで私にとっては「ロングライド」ですね!
takkieさんは「ラーメン」にはこだわりはありますか?

Re: ロードバイクと私

猪熊虎五郎さん、takkieです。

ロードバイクはスポーツ用の自転車なので、人の力を効率よく推進力にしてくれます。体力のある人でもそこそこの人でも普通の自転車に乗るのとは比較にならないほど速く走れます。速く走れちゃうので気持ちがよく走りこむ⇒のめりこむ人が多いのでしょうね。もちろん、体力があればあるほど速くはしれますが、それなり人でも疾走感を味わえます。

Re: ロードバイクと私

上り坂はギヤチェンジで対応します。簡単なようでテクニックがいります。

ラーメン好きですよ。特にこだわりないですがおいしいのがいいです。最近は厚木のラーメン研究所によくいきますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takkie3.blog66.fc2.com/tb.php/326-87412b10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。