スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプロケット27T、アウターロー使用時にノイズ - 解決策はチェーンの長さか? 

u-CA3C0372.jpg
【GIOS FELLEO / SHMANO 105 CS-5700/12T-27T アウターロー】

 GIOS FELLEO のスプロケットを27Tに交換してからずーっと気になってきたことがひとつあります。フロントをアウターに、リアをローにしたときにリアからノイズが出るのです。25Tの時には勿論問題なかったです。

 ディレーラーの調整をいくらしても直りません。そんな訳で今までアウターローを使用する場面では、我慢しインナーに落としていました。

u-CA3C0373.jpg
【GIOS FELLEO / SHMANO 105 CS-5700/12T-27T インナートップ】

 サイクルスポーツ2012 8月号の特集記事を眺めていたら、この解決に結びつきそうなヒントを見つけました。

 アウターローを多用するためにチェーンを1段長くして変速しやすくするテクニックが紹介されていたのです。

 takkieは、25T⇒27Tにスプロケットを交換した時に、チェーンの長さを変えていません。よって、インナーローというチェーンに一番テンションのかかる場面で無理が来ているのでは?そして、それが異音という現象につながっているのでは?と推測したのです。

 そろそろチェーンも交換時なので、チェーンのコマ数を2つ増やして試してみようと思ってます。


シマノ 105 (SHIMANO 105) CS-5700 カセットスプロケット 12-27Tシマノ 105 (SHIMANO 105) CS-5700 カセットスプロケット 12-27T
()
不明

商品詳細を見る



シマノ 105 CN-5701 10スピードチェーンシマノ 105 CN-5701 10スピードチェーン
()
シマノ

商品詳細を見る





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takkie3.blog66.fc2.com/tb.php/298-07159251

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。