ブレーキケーブル交換 - GIOS FELLEO / SHIMANO DURA-ACE Road Brake Cable Set 

v-CA3C0284.jpg
【GIOS FELLEO】

 昨年(2010年)10月上旬にブレーキケーブル一式を交換しました。遅くなりましたがそのレポートをします。フロントブレーキとリアブレーキの作業が混ざっていますが、実際に takkie が行った作業を時系列にお伝えします。

 ブレーキケーブル交換の全体の流れを説明しますと、

   ?バーテープをはがしておく
   ?古いケーブルを取り外す
   ?古いアウターケーブルの長さにあわせて新しいアウターケーブルをカット
   ?アウターケーブルの端面を処理
   ?新しいアウターケーブルを装着

と、いう順になります。

 交換に使用したブレーキケーブルセットは、 「シマノブレーキレバー用ケーブルセット Dura-Ace Road Brake Cable Set Y80098070」です。

 なお、交換に必要な工具は、ワイヤカッター、千枚通し、棒ヤスリ、六角レンチ、ラジオペンチです。チタンスプレーグリスもあるといいです。これらを事前に用意しておきます。

 それでは、ブレーキケーブル交換作業スタートです。

(※文中■で始まるのはフロントブレーキの作業。□はリアブレーキの作業。◎は共通の作業です。ご参考まで。)



?バーテープをはがしておく

v-CA3C0159.jpg
【GIOS FELLEO / バーテープを外した後、ブレーキケーブル固定用のテープをはがす】

 通常、ブレーキケーブルは、ハンドルにそって固定されてしてバーテープで巻かれています。そこで、ブレーキケーブル交換のためにはバーテープを剥がす必要があります。通常、ブレーキケーブルはビニールテープで固定されていますのでそれもきれいに剥がします。

⇒バーテープ剥がしの様子はこちらを参照





?古いケーブルを取り外す

v-CA3C0165.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのインナーケーブルをケーブルカッターで切断】

■まず、フロントブレーキのインナーケーブルをワイヤーカッターでカットします。



v-CA3C0166.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキのインナーケーブルをケーブルカッターで切断】

□リアブレーキのインナーケーブルも同様にワイヤーカッターでカットします。



v-CA3C0167.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのインナーケーブルを抜く】

■ブレーキレバーのカバーをめくり、ブレーキレバーを握りフロントブレーキのインナーケーブルを抜きます。ケーブル末端のタイコ(止める部分)をラジオペンチなどで引き抜きます。



v-CA3C0168.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキのインナーケーブルを抜く】

□リアブレーキのインナーケーブルを同様に引き抜きます。



v-CA3C0169.jpg
【GIOS FELLEO / 外したブレーキケーブル 上リア 下フロント】

◎外したブレーキケーブルです。上の3本がリアブレーキのもの。下2本がフロントブレーキのものです。



v-CA3C0170.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのケーブル端を外す】

■フロントブレーキの六角ボルトを緩めてケーブルの切れ端を除きます



v-CA3C0171.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキのケーブル端を外す】

□リアブレーキも六角ボルトを緩めてケーブルの切れ端を除きます



v-CA3C0172.jpg
【GIOS FELLEO / ブレーキのインナーのタイコ受けを外す】

◎ブレーキレバーのインナーケーブルのタイコを受ける部分を外します。汚いので清掃してグリスを塗るのです。(ブレーキハンドル両方から取り外します)



v-CA3C0173.jpg
【GIOS FELLEO / ブレーキのインナーのタイコ受けを清掃】

◎タイコ受けの部分のパーツを分解してパーツクリーナー等で汚れを取り除きます。



v-CA3C0174.jpg
【GIOS FELLEO / ブレーキのインナーのタイコ受けにグリスを塗る】

◎タイコ受けを再度くみ上げてグリスを塗ります。



v-CA3C0175.jpg
【GIOS FELLEO / ブレーキのインナーのタイコ受けを装着】

グリスを塗ったブレーキのインナーケーブルのタイコ受けをブレーキレバーに装着します。





?古いアウターケーブルの長さにあわせて新しいアウターケーブルをカット

v-CA3C0176.jpg
【GIOS FELLEO / 新しいケーブルの長さを古いケーブルを元に決める】

◎新しいケーブルの切断作業に入る前に長さを決めます。特に問題がなければ古いケーブルの長さにあわせるのが簡単です。



v-CA3C0177.jpg
【GIOS FELLEO / 新しいケーブルを適切な長さに切断】

◎それぞれのアウターケーブルの長さを決めたら、ワイヤーカッターで切断していきます。「コツは、スパッと一気に切断すること。」ゆっくりやるとケーブルが潰れてしまうし、切断面が乱れます。





?アウターケーブルの端面を処理

v-CA3C0178.jpg
【GIOS FELLEO / アウターケーブルのつぶれた穴を直す】

◎切断後は、アウターケーブルが若干潰れていますので、千枚通しで丸く整えます。



v-CA3C0180.jpg
【GIOS FELLEO / アウターケーブルの切断面をヤスリで平滑にする】

◎そして、切断面を棒ヤスリで平滑になるように削ります。ここの平滑さがブレーキの効きに影響するそうです。

 全てのアウターケーブルの端面をきれいに仕上げたら、装着に入ります。





?新しいアウターケーブルを装着

v-CA3C0182.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのインナーケーブルをハンドルに通す】

■まず、フロントブレーキのインナーケーブルをタイコ受けから挿入してハンドルレバーの根元まで通します。



v-CA3C0183.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのインナーケーブルをハンドルに通す】

■ちゃんとタイコを止める所にはまるように反対側からしっかり引っ張ります。



v-CA3C0184.jpg
【GIOS FELLEO / アウターケーブルにチタンスプレーを注入する】

◎切りそろえたアウターケーブルは、インナーケーブルを注入する方向からチタンスプレーを注入しておきます。インナーケーブルが通るとオイルが全体に行き渡ります。



v-CA3C0185.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのアウターケーブルを通す】

チタンスプレーを注入したところからフロントブレーキのアウターケーブルを挿入していきます。



v-CA3C0186.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのアウターケーブルを通す ハンドルの奥まで】

■アウターケーブルは、フロントブレーキレバーに根元をくぐらせ固定するところまできちっと差し込みます。



v-CA3C0187.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのインナーケーブルをブレーキに通す】

■フロントブレーキのインナーケーブルをブレーキに通します。



v-CA3C0188.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのアウターケーブルをブレーキに装着】

■つづけてフロントブレーキのアウターケーブルをブレーキのアームに装着します。



v-CA3C0189.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのアウターケーブルをハンドルにビニールテープで固定】

■フロントブレーキのアウターケーブルをハンドルにビニールテープで巻きつけ「しっかり」固定します。ここが軟いとブレーキング時にケーブルが動いてしまいます。



v-CA3C0190.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキを閉じた状態でインナーケーブルを固定】

■フロントブレーキの両側のシューを手でリムに押し当てた状態で、インナーケーブルをグッと引っ張り六角ボルトを固定します。



v-CA3C0191.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキをぐいっと引いて引きしろを確認】

■フロントブレーキを何回か強く握りなじませます。そして、引きしろを確認します。調整レベルは好みですが、takkieは、指幅1本程度としています。



v-CA3C0192.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのインナーケーブルの余分な部分をカット】

■フロントブレーキ引きしろの調整が終了したら、2cm?3cmほど残して余分なケーブルをワイヤーカッターでカットします。



v-CA3C0194.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのインナーケーブルの端面にキャップをつける】

■インナーキャップをはめます。



v-CA3C0195.jpg
【GIOS FELLEO / フロントブレーキのケーブルキャップを固定】

■インナーキャップの根元をラジオペンチなどでつぶし固定します。



v-CA3C0200.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキのインナーおよびアウターケーブルを通す】

□こんどは、リアブレーキの方。フロントブレーキ同様にインナーケーブルをレバーのタイコ受けから通し、チタンスプレーを注入したアウターケーブルを通します。ケーブルエンドに取り付けるアウターキャップも忘れずに。



v-CA3C0202.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキのインナーおよびアウターケーブルを通す2】

□リアブレーキのアウターケーブルは2本通します。写真の真ん中の黒いものは、樹脂製のストロー状のインナーケーブルカバーで、トップチューブをわたるリアブレーキのインナーケーブルをカバーするものです。GIOS FELLEO 購入時に取り付けてありました。インナーケーブルむき出しでもいいのですが、流用し装着しておくことにしました。このストロー状のカバー内部にもチタンスプレーを注入しておきます。



v-CA3C0203.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキのインナーケーブルをブレーキに通す】

□リアブレーキのインナーケーブルをリアブレーキのアームに通します。



v-CA3C0204.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキのアウターケーブルをトップチューブのフックにかけるリア側】

□リアブレーキのアウターケーブルをトップチューブのリア側のフックに掛けます。



v-CA3C0206.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキのアウターケーブルをトップチューブのフックにかけるフロント側】

□リアブレーキのアウターケーブルをトップチューブのフロント側のフックにも掛けます。



v-CA3C0208.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキのアウターケーブルをハンドルに固定】

□リアブレーキのハンドル周りのアウターケーブルをハンドルに固定します。ビニールテープで「しっかり」と巻きつけます。



v-CA3C0210.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキを閉じて、インナーケーブルを固定】

□リアブレーキの両側のシューを手でリムに押し当てた状態で、インナーケーブルをグッと引っ張り六角ボルトを固定します。



v-CA3C0211.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキの引きしろを確認】

□リアブレーキを何回か強く握りなじませます。そして、引きしろを確認します。調整レベルは好みですが、takkieは、指幅1本程度としています。



v-CA3C0212.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキのインナーケーブルの余分をカット】

□リアブレーキ引きしろの調整が終了したら、2cm?3cmほど残して余分なケーブルをワイヤーカッターでカットします。



v-CA3C0213.jpg
【GIOS FELLEO / リアブレーキのインナーケーブルの末端をキャップで固定】

□切断したインナーケーブルの末端にインナーキャップを取り付け、その根元をラジオペンチなどでつぶし固定します。



v-CA3C0214.jpg
【GIOS FELLEO / 引きしろの調整は、黒いキャップを回す】

◎以上で終了ですが、ブレーキの引きしろの調整は、六角ボルト固定後も各ブレーキのアームの根元にある黒いダイヤルを回すことによって可能です。必要に応じて行います。


 以上です。お疲れ様でした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takkie3.blog66.fc2.com/tb.php/224-5c7bcac2