スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイヤーカッター - ホーザンC-217 

u-CA3C0038.jpg
【ワイヤーカッター ホーザン WIRE CUTTER HOZAN C-217】

 
 GIOS FELLEO 君 のブレーキケーブル、シフトケーブルの交換を行うために、ワイヤーカッターを購入しましたのでレポートします。物は、

 ○ワイヤーカッター ホーザン WIRE CUTTER HOZAN C-217

です。Amazon にて購入。

 カッターは、「切れ味」が勝負です。品質の悪いカッターだと、とくにアウターワイヤーを切ったときに切り口が汚くつぶれてしまったりするのが心配なので、信頼の日本製を選びました。

 ブレーキケーブルとシフトケーブルは、それぞれ、内側のインナーワイヤーと、外面が樹脂で出来ているパイプ状のアウターワイヤーがありますが、このワイヤーカッターは、インナーアウター兼用とあります。

 スペックは、

 ?材質:  特殊合金鋼
 ?刃部硬度:HRC62±2
 ?切断能力:鉄・ステンレスワイヤー 5mmΦ

 一番太いシマノのブレーキケーブルのアウターが 5mmΦですから、切断能力はOKです。


u-CA3C0035.jpg
【ワイヤーカッター ホーザン WIRE CUTTER HOZAN C-217 開いた状態】

 これが、レバーの端についている開き止めのストッパーを解除して、開いた状態です。


u-CA3C0036.jpg
【ワイヤーカッター ホーザン WIRE CUTTER HOZAN C-217 刃】

 これが、先端部分の拡大。ばねは「板状の巻きばね」です。最近良く見るタイプですね。

 購入してから、気づいた点としては、「インナーワイヤーキャップ」の「カシメ」が付いていないこと。ワイヤーカッターによっては付いているものもあります。せっかく重厚な工具を買ったので、カシメもついているとよかったのになぁと思います。ちなみに、takkieは、結局100円ショップのラジオペンチでカシメました。一応、それで十分ではあるのですが。


u-CA3C0062.jpg
【ワイヤーカッター ホーザン C-217/千枚通し/ヤスリ】

 なお、ケーブル交換時には、ワイヤーカッターの他、千枚通し(アウターケーブルの形状修正)とヤスリ(端面の平滑処理)が必要です。こちらは、適当にホームセンター(ケイヨーD2)で購入してきました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takkie3.blog66.fc2.com/tb.php/199-27bf92f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。