スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニポンプ - ロードバイク用 

s-CA3C0051.jpg
【ミニポンプ TOPEAK MiCRO ROCKET ALT 】

 パンクの時のチューブ交換の際にポンプが必要です。常時携帯するミニポンプを選びました。
 携帯するからにはやはり軽さが一番でしょう。また、空気の入れやすさも重要です。ミニポンプって実際に空気いれるのつらいんだよね。

 最近は、CO2ボンベを使ったポンプもあり、楽そうなんですが、CO2ボンベ自体が重たいし、しかも予備ボンベを持っていく必要がありさらに重たいので「いざというときのために常に重たいものを持ち歩くのは本意ではない」と思い除外しました。

 安くて、高品質な老舗のTOPEAKのラインナップから選ぶことにします。ロード用の最軽量級ミニポンプとしては、以下の4つがあります。

  ?マイクロ ロケット CB マスターブラスター (55g)
  ?マイクロ ロケット AL マスターブラスター (65g)
  ?マイクロ ロケット CBT マスターブラスター (70g)
  ?マイクロ ロケット ALT マスターブラスター (78g)

 型番のアルファベットによって4つ種類があるのですが、CBはカーボン素材ALはアルミ素材、Tがつくのは、ポンプのもち手がT字型になる構造(Tハンドル)になっていて空気を入れるときに力が入れやすいのがメリットです。
 カーボンは重量が小さいけど値段がかなり高い、アルミはそこそこの重さで値段で安い。Tハンドルは空気を入れる時楽だけど、その分大きいし重量が大きい。

 結局、空気の入れやすさと値段の安さをとって、?マイクロ ロケット ALT マスターブラスター (78g) としました。重いっていっても 78gですからね。許せるレベル。あまりポンプにお金払いたくなかったので。
 本当は、GIOS FELLEO に装着したときのことを考えて、フロントフォーク(カーボン)にあわせてカーボンにしたい気もあったんですが、値段が高くて断念って感じかな。

 ボトルケージ部分にフレーム装着用クランプで取り付けた様子。↓
s-CA3C0059.jpg
【ミニポンプ取り付け】

でも、盗難が心配なので常時ウエストポーチに入っています。

COGGY 藤沢店 で購入

topeak(トピーク) マイクロロケット ALT マスターブラスター PPM063topeak(トピーク) マイクロロケット ALT マスターブラスター PPM063
()
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takkie3.blog66.fc2.com/tb.php/17-0e32d84b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。