ビンディングシューズへのクリートの取り付け 

 購入した ボントレガー ストリートシューズ (BONTRAGER STREETSHOES) に、クリートという金具を取り付けます。クリート自体は、ペダル(SHIMANO PD-A520)を購入したときに付属品としてついてきたものを使います。

 クリート金具一式はこれ。↓
s-CA3C0054.jpg
【SPDクリート】

 まず、シューズのソールにあるクリートを取り付ける部分がソール下に隠れているので、露出させないといけません。クリート取り付け部分のソールは、切り込みが入っているので、ペンチでベリっとはがします。
 自分がやったときには、ペンチが入りづらかったので、まず、カッターで切り込みを入れました。ちょっと硬いので思い切りが必要ですが、ペンチがきちっと入り込み、ぐっと引っ張れば、きれいにはがれます。

 下の写真の右手に見えるブタ鼻のような出っ張りの周囲に楕円形にある切り込みが引っ剥がすべき部分です。
s-CA3C0048.jpg
【シューズへのクリート取り付け1】

 こんな風にベリっと!↓
s-CA3C0058.jpg
【シューズへのクリート取り付け2】

はがした後はこんな感じ↓
s-CA3C0052.jpg
【シューズへのクリート取り付け3】

靴底に4つのねじ穴が見えますが、このうちの2つを使ってクリートを取り付けます。重ねる順番は、まず、一番大きいクリート金具本体、そしてめがね形状になっているワッシャ、そして、その上からねじを2本軽くしめます。シューズについているねじ穴が逃げてしまってねじはちょっとしめづらいですね。

 とりあえず、ねじが2本軽くとまったら、クリートの位置が母指球(足親指の根っこにあるもこっとした所)の位置になるように移動させねじをきちっと締めて固定します。シューズ底のねじ穴のついている所が動くので適切な位置で固定します。↓
s-CA3C0057.jpg
【シューズへのクリート取り付け4】

 以上で終了。後は、実際にロードバイクに乗った上で、微妙な位置調整をしていくことになります。


スポンサーサイト

コメント

知らなかった

はじめまして。nukkyと申します。
実は全く同じ靴を購入して使用していたのですが、底がベリっと剥がれてクリートが付けられるようになっていたとは知りませんでした!!
フラットペダルで使っていたのですが、最近SPDがほしくなってきて、ああSPD用の靴も買わないと・・・と思っていたので、危うく余計な買い物をするところでした(^^;
ブログ記事非常に参考になり、助かりました!!

Re: 知らなかった

nukkyさん、

お役に立てて良かったです。
でも、私もお店の人に教えてもらわなかったら分からなかったかも知れません。
わざわざ、ベリっと剥がすなんて想像できませんよね。

よろしければ、またいらしてください。

助かりました

本日同じ靴とPD-A530を購入しました。
豚ばなのようなところにネジを入れてクルクルと回し格闘してましたwww

いゃー大変助かりました~!

Re: 助かりました

ともさん、takkieです

参考になってよかったです。なにも知らないと、あの靴底どうしてくれるんだぁ!って感じですよね。私は、プロショップで買ったので説明を受けたので迷いませんでしたが。

毎週更新していますので、もしよろしければまたお越しください!

はじめまして。
東京のロードバイク乗りのSatoと申します。
しばらくビンディング無しだったのですが、試しにBONTRAGERのMTBシューズ(SPD)を購入して見ましたところ、ずっとクリートが取り付け出来ませんでした。(押さえつけてネジをつけたり、一部ナイフで削ったりしましたがどーやっても付きませんでした)。
シューズの説明書には”ソールをベリッとやる”て書いてあったのかもしれませんが、あんなの読みませんからね・・・。
しかし、はがさなきゃいけないのであれば、あのネジ穴が紛らわしいんで開けなきゃいいのに、って思ったりもしました。
いずれにしても、大変助かりました。
ありがとうございます!

Re: タイトルなし

satoさん、takkieです

参考になってよかったです。私はショップで購入したので店員さんに教えてもらったのでわかっていましたが、そうでないとわかりませんよね。私のシューズですが、3年以上も使いそろそろ買い換えようかなと思ってます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takkie3.blog66.fc2.com/tb.php/16-75d87cbd