GIOS FELLEO の整備 - 3年間の眠りをさます・チェーンクリーナーも試してみた 

DSC00246.jpg
【GIOS FELLEO】

GIOS FELLEO でのライドは、もう3年前のヤビツ以来となってしまってます。公私ともどもいろいろありまして、しばらくロードバイクから遠ざかってました。落ち着いたという訳ではないですが、このままでは死ぬまで乗らなくなってしまうのではないかってことになりそうなので(笑)再開に向けて行動開始です。

DSC00247.jpg
【GIOS FELLEO】

物置に保管してあった GIOS FELLEO 君は、なんと!本当に蜘蛛の巣がかかっていました。可哀そうに。。

また、大げさにメインテナンスしようとすると、乗るのがまた遅れてしまいそうなので(またまた3年後とか)全体を簡単に拭いて、注油をする位にします。


DSC00248.jpg
【GIOS FELLEO】

ああ…、BBハンガーの裏に錆らしきものが。。。とりあえず、ほっときます。

全体を乾拭きして、チェーン以外の注油箇所をパーツクリーナーでクリーニング、そしてレスポで注油。


DSC00250.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

ミッシングリンクを使っているので、いつもはチェーンを外してパーツクリーナー漬するのですが、
今回は、以前買ったチェーンクリーナーを使ってみることにしました。
まずは、クリーナーを分解するためレバーを外すためフックを押したところ、

DSC00252.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

なんと、折れてしまいました。さすが269円


DSC00253.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

めげずに上蓋をスライドして開けて、そこにパーツクリーナーをたっぷり注ぎます。


DSC00257.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

そしてチェーンを挟むようにして上蓋を閉じます。


DSC00254.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

そして、クランクをぐるぐる回してチェーンを動かします。クリーナー内部のパーツクリーナー漬のブラシが回転しながらチェーンの汚れをぐりぐり取ってくれるという仕組みです。


DSC00259.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

終わったら分解します。こんなふうにバラバラになります。

かなりケミカルが汚れてますが、普段乗りのGIOS MISTRAL のチェーン清掃もついでにやった後の状態です。

初っ端にハンドルが壊れましたが、機能的には問題なし。使える道具と言えるでしょう(安いし)。

チェーンオイルを注油して終了。


DSC00258.jpg
【GIOS FELLEO】

変速機の調子を見たのですが、リアのギアチェンジの調子が良くないです。ロー側に入らない。

調整の方法を忘れたので適当に(笑)ねじをぐりぐり動かしてみたのですが、全然だめです。ケーブルを外したりしたら、ケーブルの先端が解れてきていてうまく組付けられなくなってしまいました。これ切ると寸が足りなくなる。。。。


DSC00262.jpg
【GIOS FELLEO】

部品交換も検討したのですが、やっぱり全取り換えは面倒だなと思い、リアディレーラー近傍のアウターケーブルケーブルもカットして長さをあわせてみました。ちょっとRがキツイですが、結局のところなんとか既存のケーブルを使い復帰することができました。


で、肝心のリアディレーラーの調整ですが、ネットで腰を据えて探したところとても分かりやすいブログ(動画解説つき)を見つけました。下記がリンクです。


えふえふぶろぐ リアディレイラー調整 中級編 トップ・ローアジャストボルト 動画更新 by FF-Cycle(エフエフサイクル)


「リミットの調整」と「テンションの調整」についてその動作原理から解説されていて、理系の私としては非常に腑に落ちます。ありきたりな「調整の方法」だけ解説されても、いざ嵌るとどうしたらいいのかわからなくなるんですよね。このブログは違います。

思わず開眼だったのは、「リミットの調整」をケーブルもチェーンも張っていない状態でディレーラーを手で動かして行う所でしょうか。また、秘伝のケーブル張り方もエレガント。詳しくは上記リンクを見てください。

記事を熟読し、動画を何回も見て実際に調整を行ってみました。こんどはさすがにうまくいきました。ブログの著者エフエフサイクルさん、どうもありがとうございますです。自分の腕が原因かパーツの劣化が原因か100%満足な状態ではありませんが、まあ、許容範囲に収まりました。こんな事なら、最初からちゃんと調べてやれば良かった。。。反省してます。


DSC00265.jpg
【GIOS FELLEO】

ところで、リアディレーラーのケーブルの外しを行っていた時に気が付いたのですが、ケーブルのテンションを調整するアジャスターが奥まではまりません。


DSC00263.jpg
DSC00264.jpg
【GIOS FELLEO】

ねじ山に金属粉がついていたので雄ねじ側と雌ねじ側とも清掃して付け直してみるがダメ。ねじ山を壊してしまったようです。とりあえず少しはねじ込めるので全く使えない訳では無いですが、テンションの調整範囲が非常に狭まります。なんとかならないかな。。。

とりあえず、メンテは終了したので来週は少し走ってみるか~!


スポンサーサイト