スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママチャリの外装変速機の修理 - シフトケーブルの交換 

IMG_20170103_145230.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

家族が使っているママチャリの変速機が動かないというので、修理をすることにしました。

外見からはケーブルの損傷も無く、ディレーラーも手で動かすと滑らかに動きます。ただハンドルにあるグリップシフトがウンともスンともいいません。まったく動きません。多分、シフトケーブル内部の錆つきか何かが障害になっているものと想定されます。

インナーケーブルとアウターケーブルを交換すれば良さそうです。


IMG_20170102_161921.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】
部品を探す前にまず、ケーブルの仕様を確認します。シフト用とブレーキ用があるのでシフト用を選ぶのは当然ですが、注意なのは「タイコ」の形状と長さですね。

タイコというのは、ケーブル端にケーブルを引っ掛けるために金属のチップが装着されていますが、その形状に種類があるんです。長さも注意です。ホームセンターではママチャリ用として安いケーブルセットが売られていますが、ケーブル長が足りない場合があります。


IMG_20170102_161913.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】


今回修理する自転車のケーブル長を測ったところ、アウターケーブルで約190cmもあり、ホームセンターで販売されているもの(インナーアウター込で800円弱)は使用できませんでした。

と、言うことで例によって Amazon で購入しました。それがこちら、


DSC05679.jpg
【ALLIGATOR(アリゲーター) シフト用インナーケーブル ステンレス Φ1.2×2000mm LY-SSTSK20UD シルバー】
【ALLIGATOR(アリゲーター) シフト用アウターケーブル Φ4×2000mm LY-166UD グレー】


○ALLIGATOR(アリゲーター) シフト用インナーケーブル ステンレス Φ1.2×2000mm LY-SSTSK20UD シルバー
○ALLIGATOR(アリゲーター) シフト用アウターケーブル Φ4×2000mm LY-166UD グレー


アウターケーブルには、プラスティック製のアウターキャップ(黒色)が4個ついています。また、インナーケーブルにはエンドキャップが2個ついてます。

私の購入時点(2016/12)で合計843円です。安いですね。ちなみにサイクルベールあさひで同等品の購入も検討したのですが、御値段2倍ほどでしたのでやめました。


IMG_20170102_162257.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

さて、ケーブル交換を開始です。まずは、グリップシフトのカバーをはずしておきます。


IMG_20170102_162344.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

そして、シフトケーブルのディレーラー側終端のエンドキャップを装着しているところをワイヤーカッターで切断します。


IMG_20170102_162719.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

そして、インナーケーブルをディレーラーに固定してるボルトをスパナで緩めます。アウターケーブル、インナーケーブルともこれで取り外しができますので、自転車のフレームのケーブルホルダをからするする抜いていきます。


IMG_20170102_163410.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

次に交換するアウターケーブルを今取り外したしたアウターケーブルの長さと合わせてワイヤーカッターで切断します。。。。が、実際修理を進めていくうえで、交換用のインナーケーブルの長さが若干足りない事が判明したため、仕方なくアウターケーブルの長さをさらに切り詰めました。(ケーブルの取り回しである程度の長さ違いは許容できます。)

インナーケーブルの長さは、アウターケーブルの長さに加え、グリップシフトまわりとディレーラー周りの余長を考慮しなければならないのですが、その長さの差がが思ったより大きかったのでした。。。

ケーブル装着前に、まず、下準備。
チェーンを緩めてディレーラーの位置をトップ(一番小さいギア)に入れておきます。そして、グリップシフトを6速(一番ケーブルが引かれていない位置)にしておきます。

これは、リアディレーラーが、テンションがかかっていないフリーの状態で一番小さいギア(トップ)の位置になり、シフトレバーでインナーワイヤーを引っ張ると、ディレーラーの位置が大きいギア(ロー側)へ移動する仕組みだからです。


IMG_20170102_164159.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

さて、ケーブルを装着します。きちっと順番を守らないとやり直しになりますので注意です。

まずは、インナーケーブルの先(タイコとは反対側)をグリップシフトのタイコを掛ける部分からするするすると通してグリップシフトのケーブルを通すガイドに沿わして外にぬきます。タイコがタイコ掛けにかかるところまでケーブルをすべて通し切ります。


IMG_20170102_163645.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

次に、両端にアウターキャップを装着したアウターケーブルのインナーケーブルを挿入する部分にスプレーオイルを注入します。(ママチャリなのでやらなくてもいいんですが、耐久性UPの為)


IMG_20170102_164233.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

そして、オイルを注入したところからインナーケーブルをするするすると全部通します。


IMG_20170103_145008.jpg
IMG_20170103_145013.jpg
IMG_20170103_145020.jpg
IMG_20170103_145024.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

アウターケーブルの片端をグリップシフトのケーブル出口の部分に合わせ、ケーブルをフレームのケーブルホルダ(ケーブルを支持する部分)すべてに通してリアディレーラーまで這わせます。


IMG_20170103_145043.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

ディレーラーのアウターケーブルを引っ掛ける部分に、アウターケーブルを引っ掛け、インナーケーブルを引っ張って、先ほど緩めたディレーラーのインナーケーブルを止めるボルトを締めます。


IMG_20170103_145055.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

ここで、ディレーラーを実際変速させてみて調整を行うんですが、今回は無調整ですんなり1速~6速に変速ができましたので、特別作業は必要ありませんでした。単にシフトワイヤーが動かなかっただけだったようです。

最後に、インナーケーブル端にエンドキャップを取り付けペンチ等で圧着します。


IMG_20170103_145136.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

グリップシフトのカバーをもどして作業終了です。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。