サイクル用バックパック(サイクル用リュック)- 輪行用に 

t-CA3C0624.jpg
【ドイター レースEXPエアー deuter race exp air (Y's original black)】 

 輪行用にとサイクル用バックパックを選びました。

 今、メインで使っているリクセンカウル(RIXEN&KAUL)のシートポストバックは、便利でスタイリッシュですご?く気に入っているのですが、輪行時の持ち運びが不便だからです。持ちづらいし、容量の割りに重い(フレーム等あるので)。

 そこで、最新鋭のサイクル用バックパックを使ってみようってことにしたんです。サイクル用バックパックの商品動向をちょっと勉強した上で選ぶポイントを考えました。それは以下。


  ○容量 日帰り?夏の1泊旅行が出来る程度(10?13リットル)
    小さいと荷物が入らないし、大きいと走っている時邪魔。ほどほどがよろし。

  ○ヘルメットホルダあり
    輪行時、荷物がまとめられる。すっきりまとまらないと忘れ物しそうで。。。。

  ○レインカバー内蔵タイプ
    不意の雨にも安心なように

  ○背負ったときに暑苦しくないこと
    ・メッシュショルダーストラップ 風が通れば涼しい
    ・背中に密着しない構造 風が通れば涼しい

  ○そこそこスタイリッシュ


 最後まで残ったのが、以下の二つ

  ○ドイター レースEXPエアー 

  ○モンベル サイクールパック 10

です。

 GIOS FELLEO にあわせて青のモデルが欲しかったのですが、残念ながらどちらのモデルもその色は、ラインナップ中ありません。と、いうことで無難な黒(ブラック)にしました。両方をそれぞれ販売店に行って比較して、ブラックモデルで若干スタイルがいいと思った「ドイター レースEXPエアー」に決定。

 なお、購入したのがワイズロード(Y's)上野ウエア館。ワイズオリジナルカラーっていうことで、普通のブラックモデルと違っていて、上部側面の亀の子形状のリフレクタがありません。ビジネスで使うことも意識してシンプルなデザインにしたそうです。「ジテ通」はやってますからね。


t-CA3C0625.jpg
【ドイター レースEXPエアー ヘルメットホルダ】 

 ヘルメットホルダに装着した図が上。
フロントポケットの下部のファスナーをあけて、メッシュ上のカバーをするするするっと出して、樹脂性のフックをバックの両脇にあるループ上の紐に引っ掛けて固定します。


t-CA3C0626.jpg
【ドイター レースEXPエアー レインカバー】 

 レインカバーは、バックパック底面のファスナーの中に収納されています。こんな感じで出して、


t-CA3C0627.jpg
【ドイター レースEXPエアー レインカバー】 

 全体に被せます。


t-CA3C0629.jpg
【ドイター レースEXPエアー 底から見た】 

 これは底から見た図。


t-CA3C0630.jpg
【ドイター レースEXPエアー フロントポケットの中身】 

 フロントポケットの中は、こんな風。メッシュ状のインナーポケットがあり、小銭等が入れられます。キーホルダもついています。


t-CA3C0631.jpg
【ドイター レースEXPエアー H2Oシステムのチューブを通す穴】 

 キャメルバック(CAMEL BAK)のような、給水のシステムに対応しています。ドイターでは「H2Oシステム」と名づけているようです。私は使いませんが。。


t-CA3C0632.jpg
【ドイター レースEXPエアー ドイターアドバンスト エアコンフォートシステム】 

 荷物と背中の間に空間をつくって、自転車走行中に空気の流れを作るため、背中が蒸れなくてすみます。これは、従来のバックパックに比べ格段に快適。ただし、この空間を作るために、鋼のフレームが入っており、これが結構な重量です。また、その空間のため、見た目より荷物が入りません。ただし、ロードバイクのライディング中にはそんなに重さは感じません。なお、バック自体の重量は、約970g。

 また、ショルダーストラップもメッシュ状になっていて、これまた蒸れ知らず。


t-CA3C0633.jpg
【ドイター レースEXPエアー 側面】 

 こんな感じで、バックパックとの間に空間を作っています。側面のメッシュポケットは、小物を入れるのに何かと便利。走行中でも出し入れ出来ます。サイズはカタログ値で、H47×W28×D15cm。


t-CA3C0634.jpg
【ドイター レースEXPエアー 容量拡張状態+3リットル】 

 通常12リットルの容量ですが、側面のファスナーを開くと容量が+3リットル増やすことが出来ます。お土産等で荷物が増えてしまったときに助かります。

 その他、RACE EXP AIR のロゴ自体とその下にリフレクタがあるので、夜間の視認性をUPしています。






にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト