スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIOS MISTRAL 2016 - キックスタンド(AKI WORLD 3Dサイドスタンド)装着 

DSC04771.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

DOPPELGANGERのキックスタンドが使えない事がわかったため、急遽、専門店に駆け込みました。会社の帰りに寄れる川崎にあるCOGGYさんです。そこで紹介されたのがこれ。

○キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER

です。

DOPPELGANGERのキックスタンドと違い、チェーンステーとシートステーの2点止め。しっかり固定できそうです。


DSC04773.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

店頭価格税込 \2,182。結構質感良いですね。


DSC04774.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

足つきには、はパッドついていません。


DSC04775.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

長さ調節は、このシリンダダイヤル状のこの部分で行います。


DSC04778.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

シートステーとチェーンステーの固定部。お互いの位置関係が柔軟に設定できるような構造となっています。六角レンチ対応のボルトで固定します。


DSC04836.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

自転車取り付け部のボルトを外して分解してみました。ステーにあたる部分は、黒色のラバーパッドが装着されていて自転車になるべく傷をつけないように配慮されています。(跡はどうしても残っちゃうよー!と自転車屋の店員は言ってましたが。)


DSC04837.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

さあさあ、実際の取り付けです。まず、どのような位置で取り付けるか実際に当ててみます。ステーを掴む部分は自在に動きますのでここで、「ここぞ」という形を決めます。


DSC04838.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

まず、チェーンステーの方から仮固定します。背面よりプレートをあてて手前より上下2本のボルトを軽く締めます。


DSC04839.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

次にシートステーの方を仮固定します。こちらは上部のフック部分とシートステイ下のボルト1本で掴んでいるようです。そして、二つの固定分を繋ぐ自在的な部分にもボルトがあるのでこちらも締めて仮固定します。


DSC04840.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

位置関係、問題無ければボルトをきっちり本締めします。


DSC04841.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

スタンドの長さはここで変更可能ですが、今回は無調整でOKでしたのでそのまま。


DSC04842.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

完成です。実際にスタンドで立ててみました。


DSC04844.jpg
【キックスタンド AKI WORLD(アキワールド) 3D SIDE STAND SILVER】

これが走行時のポジションです。



↓注意 ブログで紹介したものと本当に同一かどうか不明です。。。

スポンサーサイト

キックスタンド - GIOS MISTRAL に合わず返品! 

DSC04732.jpg
【DOPPELGANGER アジャスタブルキックスタンド [ロード/クロス/MTB汎用] DKS102-SL】

GIOS MISTRAL 用にとこのキックスタンドを用意していたんですが、取り付け部となるチェーンステーのサイズが合わず返品となりました。(とほほ) 結局、別のものを自転車屋さんに行って相談して購入しました。

返品したとはいえ、商品の確認をしたので、せっかくなのでブログにUPしておきます。


DSC04725.jpg
【DOPPELGANGER アジャスタブルキックスタンド [ロード/クロス/MTB汎用] DKS102-SL】

この商品、「DOPPELGANGER アジャスタブルキックスタンド」ですが、スタンドとしては簡易的なもので、チェーンステーの一点のみを挟み込むタイプです。シートステーは挟みません。よって、スタンドとしての安定性は良くありません。

全長と角度が調整可能で、売り文句によると20インチから700Cまで対応との事。



DSC04733.jpg
【DOPPELGANGER アジャスタブルキックスタンド [ロード/クロス/MTB汎用] DKS102-SL】

キックスタンドの先は樹脂性モールドでカバーされています。


DSC04734.jpg
【DOPPELGANGER アジャスタブルキックスタンド [ロード/クロス/MTB汎用] DKS102-SL】

チェーンステーを挟み込む場所に装着できる樹脂製の黒いアダプタが付属しており、約10mmまでの細いチェーンステーまで対応します。この樹脂性アダプタを外せば最大23mmまでの太さのチェーンステーまで対応します。

ちなみにGIOS MISTRAL のチェーンステーは、27~28mmと凄く太いです。GIOS MISTRAL に実際に当ててみたのですが、挟み込みが全然だめです。ボルトは届くのですが挟み込みの形状とあわずトラぶりそうです。


DSC04738.jpg
DSC04739.jpg
【DOPPELGANGER アジャスタブルキックスタンド [ロード/クロス/MTB汎用] DKS102-SL】

挟み込みの寸法は上記のような感じです。


DSC04729.jpg
【DOPPELGANGER アジャスタブルキックスタンド [ロード/クロス/MTB汎用] DKS102-SL】

チェーンステーの傷つき防止用だと思いますが、シール式のラバーパッドが付属しています。

DSC04731.jpg
【DOPPELGANGER アジャスタブルキックスタンド [ロード/クロス/MTB汎用] DKS102-SL】

安心の3M製。ですが、Amazonのレビューによると使用しているとズレてきて使い物にならなくなるようです。力のかかるところなのでより耐久性が必要なのでしょうね。


↓注意 GIOS MISTRAL にはサイズが合わないので使えません


続きを読む

GIOS MISTRAL 2016 - スポーク取り付けリフレクタの装着(GIOS MISTRAL 付属品) 

DSC04758.jpg
【スポーク取り付け型リフレクタ(ジオス ミストラル 480mm 2016】

先日、購入したGIOS MISTRAL に付属していたスポークに取り付けるタイプのリフレクタです。ダサいですが、ミストラルは、思いっきり通勤仕様で毎日夜間走行する為、安全性重視で取り付けることとします。

今回はその装着をしてみましたレポートです。上の写真は全部品。


DSC04759.jpg
【スポーク取り付け型リフレクタ(ジオス ミストラル 480mm 2016】

取説に取り付け方など書いていないのですが、想定するに取り付け構造は、T字の小さなプラスティック部品をスポークを間に挟んで本体の両端にはめ込み、


DSC04760.jpg
【スポーク取り付け型リフレクタ(ジオス ミストラル 480mm 2016】

反対側からねじで止めるようです。


DSC04826.jpg
【スポーク取り付け型リフレクタ(ジオス ミストラル 480mm 2016】

こんな感じですね。


DSC04827.jpg
【スポーク取り付け型リフレクタ(ジオス ミストラル 480mm 2016】

フロントはこんな感じ。


DSC04828.jpg
【スポーク取り付け型リフレクタ(ジオス ミストラル 480mm 2016】

リアはこんな感じ。



DSC04829.jpg
【スポーク取り付け型リフレクタ(ジオス ミストラル 480mm 2016】

リアを反対側からみるとこんな感じです。



GIOS MISTRAL 2016 - コンポーネントをちょっと深く見てみる 

DSC04793.jpg
【ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

最近納車した GIOS MISTRAL のコンポーネントの詳細を見ていきたいと思います。こちらは、右側からの全体像。


DSC04794.jpg
【ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

こちらは、左側からの全体像。フレームは "GIOS ORIGINAL ALUMINUM SPECIAL TUBING" です。シンプルな真円でアルミにしては細めのシルエットです。トップチューブのスラントも緩めでクラシックスタイル好きの私にも許せるレベルのスタイルです。



DSC04817.jpg
【ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】


フォークが "GIOS ORIGINAL CR-MO FORK" です。細身のフォークが GIOSブルーなのは、すごく好みです。ロードバイクの GIOS FELLEO の方はカーボン でしたので、この部分のスタイルだけで言えば、こっちの方がイイ。



DSC04802.jpg
【フロントディレーラー F/DERAILLEUR SHIMANO FD-M191 ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

DSC04811.jpg
【リアディレーラー R/DERAILLEUR SHIMANO RD-M310 ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

フロントディレーラーは、"SHIMANO FD-M191"。リアディレーラーは、7/8スピード対応の"SHIMANO RD-M310"。シマノとは言っても、それぞれ最廉価シリーズである"TOURNEY", "ALTUS" に位置するものです。


DSC04800.jpg
【レバー SHIFT LEVER SHIMANO ST-EF51 右 ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

DSC04801.jpg
【レバー SHIFT LEVER SHIMANO ST-EF51 左 ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

そして、シフト・ブレーキレバーは、"SHIMANO ST-EF51"。右8段、左3段対応です。



DSC04814.jpg
【ブレーキ BRAKE SHIMANO BR-T4000 フロント ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

DSC04813.jpg
【ブレーキ BRAKE SHIMANO BR-T4000 リア ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

前後ブレーキはVブレーキです。"SHIMANO BR-T4000"。ちなみにタイヤは、KENDA製 "KENDA K-193 700×28C"。


DSC04805.jpg
【チェーンホイール CHAINWHEEL SHIMANO FC-M171 48/38/28T 170MM ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

チェーンホイールは、"SHIMANO FC-M171 48/38/28T 170MM" 前3段です。ペダルは、Wellgo社製 "Wellgo LU-C3"。チェーンは、ミッシングリンクでおなじみの KMC社製 Z-72


DSC04812.jpg
【スプロケット FREEWHEEL SHIMANO CS-FG31 8I ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

そして、スプロケットは、"SHIMANO CS-FG31 8I"後8段です。歯数は他のweb情報によると、11-13-15-18-21-24-28-32T との事。


DSC04816.jpg
【ホイール WHEEL SHIMANO WH-R501 前輪 ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

DSC04815.jpg
【ホイール WHEEL SHIMANO WH-R501 後輪 ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

DSC04821.jpg
【ホイール WHEEL SHIMANO WH-R501 後輪 ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

ホイールは、このクラスには上等すぎる "SHIMANO WH-R501" が装備されています。ここだけ、少し高級感(ここだけ)。



DSC04820.jpg
【サドル ジオス SADDLE GIOS ORIGINAL COMFORT SADDLE ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

サドルはこの手の自転車にはちょっと不釣り合いママチャリライクなふかふかサドルです。"GIOS ORIGINAL COMFORT SADDLE"。シートポストは、HL社製 直径27.2mm



DSC04926.jpg
【B.B.PARTS NECO B910 ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

ボトムブラケットは、いちおうカートリッジ式のNECO社製 B910。



DSC04823.jpg
【ハンドル、ヘッド回り ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

ハンドル、ヘッド回りのパーツは以下の通りです。
・ヘッドパーツ VP COMPONENTS VP-A71 1-1/8
・ステムは、HL社製 90mm
・ハンドルバー HL社製 540mm
・グリップ VELO VLG-109

調べて初めて知ったパーツメーカーもありましたが、シマノ以外って、ほとんど台湾のメーカーなんですね。認識が新たになりました。


↓参考のリンクです。





GIOS MISTRAL にいろいろアクセサリを装着 

z-DSC04904.jpg
【ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

納車した GIOS MISTRAL ですが、急いで素のまま購入したので、キックスタンドだの、マッドガードだのその他アクセサリが未装着です。ということで、この日はいろいろ取り付けることにしました。早い話、完成状態が上の写真なのですが、詳細は後日記事にします。

この日の作業は以下。

□スポーク取り付けリフレクタの装着(GIOS MISTRAL 付属品)
□キックスタンド装着(別途購入品)
□前後マッドガード装着(別途購入品)
□ボトルケージ装着(別途購入品)
□リクセンカウル、キャリア取り付けアダプタ装着(別途購入品)
□LEDライト装着(別途購入品)
□ベル装着(手持品)
□トップチューブバック装着(手持品)
□スマホケースアダプタ装着(手持品)

走り出す準備は完了しました!(2016/5/2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。