スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママチャリの外装変速機の修理 - シフトケーブルの交換 

IMG_20170103_145230.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

家族が使っているママチャリの変速機が動かないというので、修理をすることにしました。

外見からはケーブルの損傷も無く、ディレーラーも手で動かすと滑らかに動きます。ただハンドルにあるグリップシフトがウンともスンともいいません。まったく動きません。多分、シフトケーブル内部の錆つきか何かが障害になっているものと想定されます。

インナーケーブルとアウターケーブルを交換すれば良さそうです。


IMG_20170102_161921.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】
部品を探す前にまず、ケーブルの仕様を確認します。シフト用とブレーキ用があるのでシフト用を選ぶのは当然ですが、注意なのは「タイコ」の形状と長さですね。

タイコというのは、ケーブル端にケーブルを引っ掛けるために金属のチップが装着されていますが、その形状に種類があるんです。長さも注意です。ホームセンターではママチャリ用として安いケーブルセットが売られていますが、ケーブル長が足りない場合があります。


IMG_20170102_161913.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】


今回修理する自転車のケーブル長を測ったところ、アウターケーブルで約190cmもあり、ホームセンターで販売されているもの(インナーアウター込で800円弱)は使用できませんでした。

と、言うことで例によって Amazon で購入しました。それがこちら、


DSC05679.jpg
【ALLIGATOR(アリゲーター) シフト用インナーケーブル ステンレス Φ1.2×2000mm LY-SSTSK20UD シルバー】
【ALLIGATOR(アリゲーター) シフト用アウターケーブル Φ4×2000mm LY-166UD グレー】


○ALLIGATOR(アリゲーター) シフト用インナーケーブル ステンレス Φ1.2×2000mm LY-SSTSK20UD シルバー
○ALLIGATOR(アリゲーター) シフト用アウターケーブル Φ4×2000mm LY-166UD グレー


アウターケーブルには、プラスティック製のアウターキャップ(黒色)が4個ついています。また、インナーケーブルにはエンドキャップが2個ついてます。

私の購入時点(2016/12)で合計843円です。安いですね。ちなみにサイクルベールあさひで同等品の購入も検討したのですが、御値段2倍ほどでしたのでやめました。


IMG_20170102_162257.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

さて、ケーブル交換を開始です。まずは、グリップシフトのカバーをはずしておきます。


IMG_20170102_162344.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

そして、シフトケーブルのディレーラー側終端のエンドキャップを装着しているところをワイヤーカッターで切断します。


IMG_20170102_162719.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

そして、インナーケーブルをディレーラーに固定してるボルトをスパナで緩めます。アウターケーブル、インナーケーブルともこれで取り外しができますので、自転車のフレームのケーブルホルダをからするする抜いていきます。


IMG_20170102_163410.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

次に交換するアウターケーブルを今取り外したしたアウターケーブルの長さと合わせてワイヤーカッターで切断します。。。。が、実際修理を進めていくうえで、交換用のインナーケーブルの長さが若干足りない事が判明したため、仕方なくアウターケーブルの長さをさらに切り詰めました。(ケーブルの取り回しである程度の長さ違いは許容できます。)

インナーケーブルの長さは、アウターケーブルの長さに加え、グリップシフトまわりとディレーラー周りの余長を考慮しなければならないのですが、その長さの差がが思ったより大きかったのでした。。。

ケーブル装着前に、まず、下準備。
チェーンを緩めてディレーラーの位置をトップ(一番小さいギア)に入れておきます。そして、グリップシフトを6速(一番ケーブルが引かれていない位置)にしておきます。

これは、リアディレーラーが、テンションがかかっていないフリーの状態で一番小さいギア(トップ)の位置になり、シフトレバーでインナーワイヤーを引っ張ると、ディレーラーの位置が大きいギア(ロー側)へ移動する仕組みだからです。


IMG_20170102_164159.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

さて、ケーブルを装着します。きちっと順番を守らないとやり直しになりますので注意です。

まずは、インナーケーブルの先(タイコとは反対側)をグリップシフトのタイコを掛ける部分からするするすると通してグリップシフトのケーブルを通すガイドに沿わして外にぬきます。タイコがタイコ掛けにかかるところまでケーブルをすべて通し切ります。


IMG_20170102_163645.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

次に、両端にアウターキャップを装着したアウターケーブルのインナーケーブルを挿入する部分にスプレーオイルを注入します。(ママチャリなのでやらなくてもいいんですが、耐久性UPの為)


IMG_20170102_164233.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

そして、オイルを注入したところからインナーケーブルをするするすると全部通します。


IMG_20170103_145008.jpg
IMG_20170103_145013.jpg
IMG_20170103_145020.jpg
IMG_20170103_145024.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

アウターケーブルの片端をグリップシフトのケーブル出口の部分に合わせ、ケーブルをフレームのケーブルホルダ(ケーブルを支持する部分)すべてに通してリアディレーラーまで這わせます。


IMG_20170103_145043.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

ディレーラーのアウターケーブルを引っ掛ける部分に、アウターケーブルを引っ掛け、インナーケーブルを引っ張って、先ほど緩めたディレーラーのインナーケーブルを止めるボルトを締めます。


IMG_20170103_145055.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

ここで、ディレーラーを実際変速させてみて調整を行うんですが、今回は無調整ですんなり1速~6速に変速ができましたので、特別作業は必要ありませんでした。単にシフトワイヤーが動かなかっただけだったようです。

最後に、インナーケーブル端にエンドキャップを取り付けペンチ等で圧着します。


IMG_20170103_145136.jpg
【あさひ シティサイクル 外装6段変速】

グリップシフトのカバーをもどして作業終了です。



スポンサーサイト

シマノ ツールボトル [Y9S0TLBTL3X] ブルー/シルバーロゴ 

DSC05438.jpg
【シマノ ツールボトル [Y9S0TLBTL3X] ブルー/シルバーロゴ】

ボトルケージに装着する、ツールボトル買いました。GIOS MISTRAL のツール等を収納して装着しておこうかと。通勤時にはボトルを使わないのでそのスペースを利用しようというわけです。


DSC05440.jpg
【シマノ ツールボトル [Y9S0TLBTL3X] ブルー/シルバーロゴ】

Amazonでも700円弱と安いですが、ものはしっかりしているし安物感はあまりないです。綺麗なブルーにシルバーのSHIMANOのマークがカッコいいです。


DSC05441.jpg
【シマノ ツールボトル [Y9S0TLBTL3X] ブルー/シルバーロゴ】

こちらが中身ですが、ふつーのプラスティックボックスです。よって、中に固いものをいれるとカタカタ音がすると思います。そのために、内側に梱包のあまりなどのクッション材を内側に巻くなど工夫が必要ですね。


DSC05444.jpg
【GIOS MISTRAL 2016/シマノ ツールボトル [Y9S0TLBTL3X] ブルー/シルバーロゴ】

GIOS MISTRAL に装着した状態です。美しい~。




自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536 

DSC05446.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

GIOS MISTRAL のチェーン清掃用にチェーンクリーナーを購入しました。チェーンを挟んでチェーンを回すと固定のブラシでこすってきれいにしてくれるっていう道具です。ブラシが当たる部分は、パーツクリーナー液をためることができるようになっていて油交じりの汚れを効果的にお掃除してくれます。

これ、昔から存在するんですが、もともと結構な値段するんですよね。2000円以上。ですが、Amazonをのぞいていたら、超安いものを発見しました。

○自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536 (販売Amazon)

たった 269円(2016購入時)で送料込です。


歯ブラシ並みジャン(驚!)これは壊れてもいいので試してみましょうってことで購入してみました。


DSC05447.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

構造的にはそこそこ単純なものです。100円ショップにもあってもいいかもってレベルですが、そもそも、一般人はチェーンの清掃はしないか。。。。

上は梱包の中身です。本体と本体に接続して使用するハンドル。


DSC05448.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

本体は、上蓋をスライドすると外れます。


DSC05449.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

内部には黒いブラシと歯車が見えます。メカメカしくて興奮します。(笑)


DSC05450.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

ハンドルは本体サイドにスライドして取り付けます。


DSC05451.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

DSC05452.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

DSC05453.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

DSC05454.jpg
【自転車用チェーンクリーナー(チェーン洗浄器具) EEA-YW0536】

いろんな方向から見てみました。

使用感はまた後日レポートします。




---------------------------------------------------------------------------------------------

折り畳み自転車 ジープ [Jeep] グリップの交換 

DSC05666.jpg
【キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311】

家族が使っている折り畳み自転車ジープ用に交換用のグリップを購入しました。Amazonで適合しそうな一番安いモデルを購入。

○キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311 

です。


DSC05670.jpg
【折り畳み自転車 ジープ [Jeep] オリジナルグリップ】

現状、こんな感じ。かなり劣化して溶け出している様相です。まあ崩れてくるだけならまだしも、べたべた手にくっついて自転車に乗った後に毎回手を洗わないといけないのがストレスになります。


DSC05671.jpg
【折り畳み自転車 ジープ [Jeep] オリジナルグリップ】

ってわけで購入したわけです。グリップもいろいろ種類があるので適切なものを選ぶ必要があります。

まずは寸法ですが、ハンドルの内径があっていなければなりません。

まずハンドルバーの径。ジープは般的なφ22.2mmでした。そして、長さ。これが曲者。右側のみグリップシフト対応の為、長さが片方のみ短くなってます。購入した物は、短い方が約 85mm 長い方が約120mmです。結果から言うと、これがぴったり合いました。

また取り付け方法によっても二種類あって、
1.ゴムの弾性だけで固定する押し込んで取り付ける「グリグリタイプ」。安物に多し。
2.グリップ端がクランプになっていてねじで締める「ロックオンタイプ」。高級品、取り付けが容易。
ですが、今回購入したのは、「グリグリタイプ」になります。


DSC05672.jpg
【折り畳み自転車 ジープ [Jeep] オリジナルグリップ】

さて、取り付けます。劣化したグリップはそのまま捨てるのでカッターを使って切開手術にて取り外してしまいます。その後、グリップにこびりついているゴミを綺麗にとります。


DSC05674.jpg
【キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311】

取付をスムーズにするために内側を水で濡らします。あまりにもきつ過ぎる場合は、台所用洗剤をつける場合もあるようですが、この場合抜けが発生する事故もあるようなので自己責任で行ってください。


DSC05673.jpg
【キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311】

するするっと差し込んでいきますが、きつくて全然入りません。(涙)


DSC05675.jpg
【キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311】

キャンプ用に購入してあったゴム製のハンマーがあったのでこれでガンガン叩いてみました。うまく最後まで挿入できました。


DSC05676.jpg
【キャプテンスタッグ オッフル グリップシフト用 抗菌グリップΦ22.2mm用 ブラック Y-2311】

交換終了です。いい感じです。ばっちいグリップとはおさらばしました。


GIOS MISTRAL のクランクキャップ 

DSC05487.jpg
【ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

通勤に使っているGIOS MISTRAL ですが、気が付いたら右側のクランクキャップが外れていました。

まあ、そのままでもいいんですが、クランク部分のねじ山が汚れると掃除も面倒だし、部品自体は安いはずなので購入して取り付けることにしました。

まずは、Amazon や 楽天で探したのですが、互換性とかようわからんので、近所の自転車屋さん(セオサイクル)に保守パーツを注文しました。


DSC05482.jpg
【クランクキャップ SHIMANO FCM-M131用】


○クランクキャップ SHIMANO FCM-M131用 

金額忘れたのですが(笑)、1個で百円くらいだったと思う。

FCM-M131用との表記ですが、実際の GIOS MISTRAL に装着されているクランクセットは、FC-M171です。キャップに関しては互換性があるのでしょう。


DSC05486.jpg
【クランクキャップ SHIMANO FCM-M131用】

予備を含めて2個買っておきました。



DSC05489.jpg
【ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

ぱちっとはめ込み、


DSC05491.jpg
【ジオス ミストラル 480mm 2016年モデル / GIOS MISTRAL 480mm (2016) 】

装着しました。とりあえず、気分はすっきりしました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。